頭痛外来で行われる治療

日本人の多くが抱える症状として頭痛があり、一口に頭痛を言っても様々原因により起こる為現在ではこの治療を専門とする頭痛外来があります。
そして、この頭痛外来で行われる治療は患者それぞれの症状や状態により原因が追求され、その特定された原因に対して効果的に作用する薬が処方されることが一般的です。
そして、頭痛の種類にはある特定の病気を原因して起こる症候性頭痛と特定の原因となる病気はないものの慢性的に起こる機能性頭痛とがあり、特に頭痛外来を受診される方に多い機能性頭痛では緊張型頭痛と偏頭痛またこの2つが混合する頭痛の3種類に分類することができますが、未だ解明されていないものも多くあります。
そこで、緊張型に対しては神経伝達物質のセロトニンを抑制する作用のある精神安定剤のデパスなどが多く使用されており、偏頭痛に関してはこれを予防する頭痛薬と痛みを抑制する薬と2種類あります。
具体的に予防を目的とした頭痛薬にはカルシウム拮抗薬やβ遮断薬のインデラルなどがあり、痛みそのものに対してはエルゴタミン・カフェインやイミグランなどが有名で、これらの薬を使用する際は医師の診断と処方箋に指示された正しい用法容量を守って服用する必要があります。
但し、これらの薬の多くは海外の製薬会社が製造販売するものである為に現在並行輸入で医薬品を取扱う一部の医薬品 通販サイトではこれらを購入することが可能となっており、また先発薬に加えてジェネリック品もあることから名前は異なれど成分や効果は同じという商品も幾つか販売されています。
当然これらのサイトを利用するかしないかは個人の責任に於いて行われますが、何より頭痛には原因を特定することが先ですので、一度頭痛外来で受診された方が良いです。